2014年03月11日

杭州梅家塢の龍井茶茶畑ーーー2014年3月9日。

2014.3.9梅家坞.jpg
2014年3月9日の梅家塢の龍井茶です。
ほんの少し芽が出ています。この数週間ずっと寒い日が続いていましたが、昨日(10日)から気温が少し上がっていますので、今日はまた芽がぐんと大きくなっているかもしれません。

2014.3.9老茶樹.jpg山の奥深いところで木々の下敷きになり、枯れかけていた群体種の老茶樹を今回訪れた茶園に移植し、茶葉研究所の研究者さんとこちらの茶園のオーナーさんが生き返らせようと試みているそうです。



2014.3.8老茶樹2.jpg群体種の老茶樹の葉です。元気になるまであと数年はかかるそうです。








ウサギ.jpgこちらの茶園は遠い昔に特定の茶農産による耕作がなされなくなった半野生化した茶園だそうでs、このオーナーさんが管理を始めるまではずっと軍隊の管轄下にあったそうです。龍井茶の90%以上が何らかの化学肥料、農薬を用いて栽培を行っている中、こちらの茶園は化学肥料、農薬を一切使わない栽培を試みている実験的な有機茶園なのだそうです。半野生化していたおかげで土壌も汚れておらず、養分たっぷりの有機肥料をあちこちからかき集め施肥しているということが茶園を野生のウサギがぴょんぴょん跳び回り茶葉をもぐもぐ食べている姿からも窺い知ることが出来ました。


元牌のお茶.jpg2013年の穀雨の有機龍井茶を頂きました。どっしりとした味に渋さがありましたが、素直な味でした。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by bunjindo at 09:26| Comment(0) | 茶人的豆知識 お茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。