2011年10月23日

祁門紅茶1−1。

sキーマン111022111023.jpg

sキーマン水色20111022111023.jpg


祁門紅茶;(キーマン紅茶、2011年4月2日摘 、安徽省黄山と九華山に挟まれた地域)
2011年10月22日入手、2011年10月23日飲  

味−−−クリーミーなコクがありましたが、すっきりしていました。数煎入れると、甘みが前に出てきました。

甘み    ●●●○○○○
旨み    ●●●○○○○
コク    ●●●●○○○
爽やかさ   ●○○○○○○
渋み・苦み ●○○○○○○
酸み    ●○○○○○○
雑み    ○○○○○○○
耐久(味の持ち) ●●●●●○○

香−−−少し酸味を帯びたような香りミルクっぽい香りと落葉と若葉がまじったような香りがしました。

強さ    ●●○○○○○
陳香    ○○○○○○○
雑香    ○○○○○○○
異臭    ○○○○○○○
耐久(香の持ち) ●●●○○○○

生熟度 ○○○○○○○

キーマンに使用している品種は龍井43号が多いそうで、こちらも龍井43号を使っているそうです。キーマンは切砕されたものが主ですが、早い時期に摘まれたものに関しては、切砕しないそうです。このような早摘紅茶を作るのは、流行や黄山毛峰の出荷量の変動によるところがあるかもしれません。このお茶の今年の産量は13kgほどだったそうです。

宜興紅茶の深み、九曲紅茶の少し酸味を帯びたきりっとした感じ、ダージリンみたいな爽やかさがある不思議な味わいでした。

※評価方法についてはこちら


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ



ラベル:中国茶 紅茶
【関連する記事】
posted by bunjindo at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お茶 祁門紅茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。