2011年01月19日

寿眉1−1。

s-寿眉2011年1月1日入手、2011年1月19日飲.jpg

s-寿眉水色2011年1月1日入手、2011年1月19日飲.jpg
寿眉(2007年春、2008年春、2009年春のブレンド、福建省福鼎白琳)
2011年1月1日入手、2011年1月19日飲  
    
味―――一まろやかで甘い味を感じました。後から、紅茶を飲んだ時に感じる渋みと酸味を感じました。

甘み    ●●●○○○○
旨み    ●●●○○○○
コク    ●●●●○○○
爽やかさ   ○○○○○○○
渋み・苦み ●●○○○○○
酸み    ●●○○○○○
雑み    ○○○○○○○
耐久(味の持ち) ●●○○○○○

香―――甘いクリームっぽい香りがしました。


強さ    ●●○○○○○
陳香    ○○○○○○○
雑香    ○○○○○○○
異臭    ○○○○○○○
耐久(香の持ち) ●●○○○○○

生熟度 ●○○○○○○

2007年の春、2008年の春、2009年の春に摘んだ葉茶を諸々の事情でブレンドしたものだそうです。こちらの茶農さんの寿眉は基本的に、白毫銀針、白牡丹を摘み取った後の葉茶だそうですが、今回のものには白牡丹も混じっているいかもしれません。白毫銀針、白牡丹に比べて、庶民的なお茶だといえるようです。香港では人気が高いと聞きました。

ゆっくりと茶葉をお湯に泳がせるイングリッシュスタイルでこのお茶をいれるともっとこのお茶の良い特徴を引き出せるのではないかと思いました。味の耐久性は低いですが、一煎目の味は甘くまろやかで、かなりインパクトがあります。

※評価方法についてはこちら


ラベル:白茶 中国茶
posted by bunjindo at 12:37| Comment(0) | お茶 寿眉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。