2010年12月20日

阿里山1−1。

s-阿里山2010.11.19入手2010.12.19飲.jpg
s-阿里山水色2010.11.19入手2010.12.19飲.jpg
阿里山(2010年秋、台湾・産地不明)
2010年11月中旬入手、2010年12月19日飲 

味―――日本のすっきりとした煎茶と玉露がブレンドされたような旨みに花の蜜のような甘みが加わった味がしました。どちらかというと、すっきりした味のほうが勝っていました。

甘み    ●●●○○○○
旨み    ●●●○○○○
コク    ●●●○○○○
爽やかさ   ●●○○○○○
渋み・苦み ●○○○○○○
酸み    ○○○○○○○
雑み    ○○○○○○○
耐久(味の持ち) ●●●●○○○

香―――小さい花の香りをかいだ時のような優しい香りと、樹木に囲まれた場所いるときのようなさわやかな香りがしました。

強さ    ●●●○○○○
陳香    ○○○○○○○
雑香    ○○○○○○○
異臭    ○○○○○○○
耐久(香の持ち) ●●●○○○○

生熟度 ○○○○○○○

日本の緑茶を思わせる味でした。そこに、独特の香りとさわやかな甘みが加わった、バランスのとれたお茶だと思いました。

※評価方法についてはこちら



【関連する記事】
posted by bunjindo at 10:48| Comment(0) | お茶 阿里山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。