2010年05月11日

書籍:『煎茶器の基礎知識』

煎茶器の基礎知識.jpg 『煎茶器の基礎知識』 小川後楽著
   光村推古書院 昭和61(1986)年5月5日 

   この本の中で紹介されている茶瓶というものが、
   中国でいうところの茶壷です。この本では、
   特に、宜興の紫砂壺を取り上げ、48ページほどを割いて、
   その歴史、時代的特徴、名工、分類などを綴っています。


はじめに
煎茶器の流れ
煎茶の空間
煎茶器主要五器―――涼炉 湯瓶 茶瓶 茶碗 茶托
煎茶三器―――茶壺 茶則 袱紗
水を扱う具―――水柱 水指 柄杓・瓢杓 建水
火を扱う具―――炭籠 火箸 火補 炭撾 羽箒 炉扇 炭
その他小器―――湯冷 蓋置 茶巾入 盆巾入
飾りと収納の具―――棚 器局 提籃
盆と菓子器―――煎茶盆 蓋盆 盆覆い 菓子器 菓子箸
囲いの具―――茶具敷 炉敷 炉屏 結界 山字屏 帳 茶旗
床の飾り―――床飾り 床の間 床の間の飾り
煎茶会席
あとがき
索引

『煎茶器の基礎知識』はAmazonでも手に入るようです。



ラベル:紫砂壺 煎茶
posted by bunjindo at 08:19| Comment(1) | 茶人的豆知識 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっとしたことに気づくだけで、あなたの月収は最大2倍になります。公開期間を限定しておりますので、今すぐチェックしてください
Posted by 過去最高記録更新中!何もしないでなぜ儲かる!?秘密の方法を限定公開中。今すぐクリック! at 2010年05月11日 15:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。