2010年05月02日

江案卿について。

江案卿は江蘇省宜興大浦鎮(※現在呼称)出身の清末民初を生きた紫砂壺職人で、数多くの紫砂壺を世に送り出している。中でも、獅球壺は有名で、中国価値百科などに、1915年サンフランシスコで開かれたサンフランシスコ万国博覧会(パナマ・太平洋万国博覧会)において彼の獅球壺が受賞したと記されている。 (参考写真) 
ラベル:茶壺 万博
posted by bunjindo at 22:42| Comment(0) | 茶人的豆知識 紫砂壺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。