2010年04月12日

邵景南について。

邵景南

清の嘉慶(1796〜1820)〜同治(1862〜1874)年間に生卒していると推察されているが、詳細は定かではない。邵景南作とみられる茶壺(急須、茶瓶などの意)には留佩とい二字が落款として刻されていることが多く、底には「姑蘇留佩製」、「邵景南製」などと刻印されているものが多い。(参考図版)
posted by bunjindo at 15:24| Comment(0) | 茶人的豆知識 紫砂壺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。